エクシア | コミュニケーション・マナー講師 松原奈緒美

03-5843-8452

トップ > ブログ > Let’s Enjoy!

Let’s Enjoy!

2010/04/06

カテゴリーブログ

日本日本では、ホテル・レストランなどには


細かなマニュアル が存在し、


マニュアルどおりに接客する


どのお店、どのスタッフも 同じ対応 をすることが


合格良しとされます。



しかし、チップ社会の海外では、


個々の裁量・サービス が強くみられます。




以前、お仕事で 南の島①ハワイ島 に行ったときの出来事です。



宿泊&会場となっている某一流ホテルでの朝食は、


プールサイドのレストランでの カトラリーアメリカンブレックファースト


卵料理やパンの種類など、いろいろとチョイスできる


ステキな朝食ラブラブ なのですが、とにかく 量が多いビックリマーク



お仕事の前にたくさん食べると、


胃に血液がいってしまい、頭の働きが悪くなるダウン


そこで、二日目から いちごデザートのみをオーダーすることに音譜



フルーツを指差し、


「Only」


と言うと ( 英語がしゃべれないのであは♪ )


ウエイトレスさん  驚きの表情 で


「OnlyはてなマークOnlyはてなマーク


「Yes!」


「OK!?


オーバーアクション で 厨房に戻っていったウエイトレスさん



しばらくして、


直径30センチ以上のお皿 に 山盛りのパイナップル


「Let’s Enjoy!」


明るく楽しげに音譜 ウエイトレスさんは 去っていきました。



どう考えても 丸々2つ分程のパイナップル



ウエイトレスさん は、他のお料理を断った分の サービス を


してくださったのでしょう。



翌日、同じレストランで 別のウエイトレスさん に同じオーダー。


同じように 驚きのリアクション をした ウエイトレスさん


山盛りフルーツ を覚悟していましたが、


「この人は少ししか食べたくないんだな。」


と察したその日の ウエイトレスさん は、


普通の量のフルーツ を運んできました。



同じオーダーをしても違う対応。


「昨日はこうだったのに・・・」


日本人はつい 同じ対応 を望みますが、


どちらのウエイトレスさん も 


お客様のことを考えたサービス



マニュアル よりも ハートドキドキ


それが伝わるのが、一番!!

ペタしてね