エクシア | コミュニケーション・マナー講師 松原奈緒美

03-5843-8452

トップ > マナー > その後を想像する・・・それがサービス

その後を想像する・・・それがサービス

2012/09/22

カテゴリーマナー

 
  
先日の研修でのこと

お昼の休憩時、会場にはお店からお弁当が届いていました。

そこでお弁当を見た担当のお一人が

「あれ?3種類頼んだお弁当が1種類しか入っていない!」

皆さんの好みに合うようにと3種類頼んだはずのお弁当が

1種類しか入っていないとのこと。


ほかの箱か? とあけても、最上部にあるのは

全列 「豚の生姜焼き」
 
お弁当屋さんに電話で確認をされたようですが、お返事は

「三種類入れましたけど・・・」

と言われたそう

すべて箱から出してみたところ、

全段ボール箱ともに下から順番に3種類

入れてありました。


・段ボール箱は2箱

・3種類同じ数の注文

・一つの段ボールには3列


皆さんならどう入れますか?


例えば、先ほどの入れ方 と 下記のような入れ方

どちらがわかりやすく、どちらがとりやすいでしょうか?
 
注文をうけた数を提供する「モノの提供」

だけではなく、その先の

・召し上がる方

・ご担当された方

・配るならば配る方・・・


など、相手を想像する 

それが「サービス」であり、「マナー」