エクシア | コミュニケーション・マナー講師 松原奈緒美

03-5843-8452

トップ > マナー > 生涯現役!のマナーへの弊害

生涯現役!のマナーへの弊害

2013/04/16

カテゴリーマナー

元気で長寿!これは素晴らしいこと

ところが、これが「マナー」の弊害の一つになっているのでは

っというお話


元々「マナー」は 

親から子へ、子から孫へ・・・受け継がれてきたものバトン


例えば、

冠婚葬祭マナー、テーブルマナー

贈答マナー、手紙のマナー


などの一般マナー領域は、家庭で育まれるもの でした。


そして「ビジネスマナー」は「一般マナー」を基本に

ビジネス向けにアレンジされたもの
 ですから

そもそも 「一般マナー」がしっかりできていれば

「ビジネスマナー」もできる
 はず


しかし、社会・時代が変わり、

今、そんな「一般マナー」が大きく乱れています


様々な要因があると思いますが、

・自営業より会社員が大多数になり、仕事をしている姿を見る機会が少ない

・核家族化で祖父母からの学びの機会が激減

・共働きや多忙で家庭でのコミュニケーションが減った

・ご近所、親戚づきあいの減少

元気で長寿になり、家庭の行事を高齢者が担い、世代交代していない


なども弊害として考えられます。


実際、40代~60代などでも

冠婚葬祭に関わった機会が少なく、

金封袋の水引や上書きの選び方さえ間違っている方も

たくさんいらっしゃいます

聞くと

「親が80代で他界するまでずっとやっていたので

法要などの行事に参加する機会がなく、何一つ知らなかった」


とのこと

恥はできる限り若いうちにかいておきたいもの。


生涯現役 は素晴らしいことですが、

家庭では 親から子へ

仕事では 上司から部下へ

しっかりバトンタッチ

大切なモノはしっかり継承していきたいものですね