エクシア | コミュニケーション・マナー講師 松原奈緒美

03-5843-8452

トップ > メディア掲載 > 4月1日朝日新聞取材<自己紹介>で一歩リード♪

4月1日朝日新聞取材<自己紹介>で一歩リード♪

2013/04/01

カテゴリーメディア掲載

入社 入学を迎えられた皆さんsakura03

おめでとうございます


多くの出会いがあるこの時期に使える

「効果的な自己紹介」のポイント


4月1日 朝日新聞の取材記事

より詳しくお伝えしましょう


① 姿勢&笑顔で第一印象づくり

自己紹介での印象を決めるのは、内容だけではありません。

その場に立った時から、相手の印象評価ははじまっています。

まずは「正しい姿勢&笑顔」で視覚に効果的アピール


② 内容は、相手目線で考える

自分の言いたいことを自分目線で話しても伝わりません

相手にどんな印象を与えたいのか?

相手目線で考え、相手の印象に残る内容・構成


③ ポイントを絞って

ダラダラした長い自己紹介は、内容がわかりにくく印象に残りません

印象に残る内容の優先順位を決め、

上位1位のものだけ をネタに使いましょう。

自己紹介は人間関係のスタートですふたば

そこからはじまるのですから、

それ以外のことはあとから会話の中でいつでも伝えられますね


④ センテンスは短く

「~。」までの長さを意識。

「~。」までが長いと、話している自分も何が言いたいのか

わからなくなってくることも。

自分がわからないものは、相手にわかるわけがありませんね


⑤ 第一声は明るく大きく

まずは「挨拶」の言葉からスタート

挨拶は「明るく ハリのある大きめ声」が好印象

緊張から声が小さくなりがちですから、

少し大きすぎるかな?っと思う程度で発声するとよいでしょう

もし大きすぎても、挨拶は大丈夫

挨拶の自分の声の大きさを確認し、その後をコントロールしましょう


⑥ にこやかにアイコンタクト

目線が合うと、相手は「自分に向かって話してくれている」

という印象を持ちます

多くの方がいるときには、「ワンセンテンスワンパーソン」

「~。」で目線を合わせる相手を変えていくとよいでしょう


⑦ 着席までが自己紹介

自己紹介が終了

ホッとしているところにスキが出やすいもの

着席するまでの立ち居振舞いに注意しましょう

その印象が=仕事も最後までしっかりやってくれそう・・・

そんな印象につながります


ステキな自己紹介で一歩リード して

楽しい新生活をお過ごしください