エクシア | コミュニケーション・マナー講師 松原奈緒美

03-5843-8452

トップ > 話し方 > 「褒め方」マナー

「褒め方」マナー

2013/02/25

カテゴリー話し方

褒めて伸ばす

児童教育などでよく言われることですが、

これはオトナでも同じこと

「褒めるテクニックを上手に使うことで

相手を上手に伸ばすことができますキラキラ☆


相手を「褒める」ためにまずしなければならないこと

第一段階 相手を認める!

褒めようと思っても、褒めるところが見つからない

それは相手を「認めていないから」

誰でも「否定」している相手の褒めるところは見つけられません。


では どうやって認める?

☆よいところを探す

☆短所だと思っているところを反転して考えてみる


 例えば、ルーズな方は細かいことを気にしないおおらかな方

 そんな風に逆の見方をしてみましょう。

☆どうしてもできなかったら・・・

 自分はいかがでしょう?必ず長所もあれば短所もあります。

 それを相手にも許容し、認めてもらっている

 お互い様ですね



第二段階 相手に注目する

相手をよく見ていなければ褒める点はみつかりません。

肯定・承認の気持ちをもってよく見ることを心がけると、

今まで見えなかった相手の「良さ」にきっと気づくはず


第三段階 変化をとらえる

褒めるのはタイミングも大切です

変わったところ、進歩したところを 

その時 その場で「褒め」ましょう

人には必ず 認められたい欲求があります。

変化に反応すれば、その欲求が満たされると同時に

自分が注目されているという喜びもわきます


効果アップポイント 褒める際に名前をつける!

「名前」は その人を特定する最大最高の言葉

「○○さんは~が素晴らしいね」

と最初に名前をつけることで褒める効果がさらにアップ

自分個人に向かっている特別感 を感じます。


さらに・・・ できるようにさせる「褒め方」

その① 最近少しできていないなっと言う時に褒める

笑顔の応対が減っているとき

「○○さんは、笑顔が素敵だね」

そんな風に褒めることで「笑顔」が評価されていると

意識づけさせる ことができます


その② 継続させるために褒める

やったのは一度だけ それを継続させたい

そんな時は「褒める」のが効果的

「○○さんが~をやってくれてとても助かった」

「○○さんがした~は素晴らしいよね」

それをすることが 評価対象となるとを意識づける と

継続して行動 できるようになります


ステップアップさせる褒め方

「○○さんは~が素晴らしいですね。

 ~をもっと~するとさらによくなりますよ」

相手を認めて褒めた上で改善点を提案する

これは認められた喜びと自信を持たせ、

改善点が受け入れやすくと同時に

さらにステップアップしたい欲求を湧かせる

インストラクションテクニックです


互いに相手を認めるそれはコミュニケーションのはじまりであり

大切なマナーです

春の新生活 会社でプライベートでぜひお試しください