エクシア | コミュニケーション・マナー講師 松原奈緒美

03-5843-8452

トップ > ブログ > アイスランド噴火で

アイスランド噴火で

2010/04/26

カテゴリーブログ

先週末


アイスランドの噴火噴火で足止めになっていた


親戚が飛行機帰ってきました。



「心配かけてごめんなさいね~。」


「大変だったね。向こうでどうしてたの?」




噴火天災などで交通手段が遮断された場合、


旅行保険などは通常適用外のため、


ホテル、食事などは全て自分もち¥


男女トイレも有料のため、


最後はトイレに行くのもなるべく我慢やばい


帰国時は、フライトが先に回復した国までバス大移動


移動交通費も自分負担のため大変な出費になったそうです叫び



そして閉鎖解除後の空港は大混乱ぐるぐる


なんと 空港でのチェックインは


6時間待ち


しかも、行列を作り、立ったままでの6時間


それだけで体調が悪くなりそうです汗



なぜ6時間も待たされたのか?



時計労働時間が明確に決まっているため、


たとえお客様が行列行列を作っていても


時間がきたらスタッフが帰ってしまうのだそう。


お客様を処理しきれないというわけですあせる



当然チェックインが進まないため


飛行機飛行機も定刻通り飛ばず、


乗客が揃うまで 機内でも長時間待ちガーン



日本であれば、定時運行が優先で


「有料残業」もしくは「サービス残業」


なんてことになるのでしょうが、


優先順位や労働者の立場などに


国・企業の考え方、文化の違いがあるのでしょう。



労働者の立場を守るのは大切ですが、


せめて天災の時くらい・・・


っと思うのは、日本人的な考え方なのでしょうかはてなマーク



テレビニュースで


ヨーロッパに帰れず日本で足止めになった方々のことを


報道していました。


成田空港では、


おにぎり食べ物を配ったり、温泉お風呂を無料開放したり


バスバスでの無料観光提供もあったとか。



帰ってきた親戚が一言


「ホントに日本はサービスがいいわねドキドキ


ペタしてね