エクシア | コミュニケーション・マナー講師 松原奈緒美

03-5843-8452

トップ > ブログ > 12月12日名古屋テレビ放送UP!「倉橋アナのなるほどパネル」年賀状の書き方マナーを監修しました

12月12日名古屋テレビ放送UP!「倉橋アナのなるほどパネル」年賀状の書き方マナーを監修しました

2018/12/27

2週連続で、名古屋テレビ情報番組UP!


倉橋アナのなるほどパネルの監修を担当しました。

48281543_2219631818047067_1765938063596322816_o (1)

 

今回は、年賀状の書き方マナー。

48221785_2219632141380368_7190116114993512448_o

 

さて、この年賀状 どこに間違いがあるか わかりますか?

 

スタジオでも、アナウンサーやコメンテーターの皆様が予想

48329418_2219632608046988_3739156295484178432_o

 

➀賀詞被り

 

②「新年」と「あけまして」の重複表現

 

③去年の「去」などは新年に相応しくないので使わない。

 

 忌み言葉などに注意しましょう。

 

④「、」「。」は区切る意味があるため、年のはじまりに相応しくないのでつけない

 

⑤「元旦」は1月1日朝を意味する言葉。

 

 1月1日 元旦 と書くと、1月1日 1月1日 朝と重複します。

 

 なお、1月1日朝に届かない、もしくは相手が読まない賀状は、

 

 年号が入っていればOKです。

48209518_2219632488047000_8076151719081279488_o

 

今年は特別!4月にもお年玉抽選があるようです。

 

平成最後の年賀状。

 

最近はSNSなどで済ませる方も増えましたが、


手に取れるからこそ伝わる気持ちもありますよね。